スポーツ健康科学科

人間科学部

スポーツ健康科学科とは

スポーツと健康を科学的に探究し、健康支援のスペシャリストへ。

スポーツ健康科学科

スポーツと健康を科学的に理解し、地域社会や産業界に貢献できる知識と、子どもから高齢者まで幅広い年代の人々の健康生活を支援できる職業人を育成。さらに、社会環境変化への対応を迫られる現代の産業界が求める、ビジネス感覚と「健康経営」の視点を持ち、企業における健康管理、健康維持・増進のための具体的ノウハウを身につけた新たな人材の育成を目指します。

スポーツ健康科学科で学ぶ理由

  • ポイント 1

    実践的スポーツ指導力

  • ポイント 2

    スポーツ・健康産業への貢献力

  • ポイント 3

    優れた競技スポーツ力

カリキュラム

健康・マネジメント系

人体や運動を科学的に学び、健康をプロデュースする力を養う。

健康やスポーツビジネスに関わる医療機関やフィットネス産業、自治体などへの就職を目指す学生向けのコース。経営視点でスポーツを分析し、産業界の現場でマネジメントできる人材、スポーツを通じて地域の豊かなコミュニティ形成に貢献できる人材を育成します。

教育・コーチング系

スポーツパフォーマンスの向上を実現する高度なスキルを養成。

トレーニング分野でのスポーツ指導者、保健体育の教員免許取得、特別な競技でトップアスリートを目指す学生向けのコース。適切な科学的トレーニングやメンタルトレーニングなどを学び、プロ・アマを問わずスポーツパフォーマンスの向上を実践できる人材を育成します。

資格(参考)

目指せる資格
(予定)
  • 中学校、高等学校教諭一種免許状(保健体育)
  • 健康運動指導士
  • JATI日本トレーニング指導者
Get Acrobat Reader

PDF形式のファイルが閲覧できない方はAdobe Readerをダウンロードしてください。