1教養教育

教養教育

重要なコア科目には、国語、数学、歴史、政治、憲法、スポーツなどを設置し、開講クラス数を増やして、出来る限り1年次生全員が履修できる体制を構築しています。また学部・学科を越えて、さまざまな学生が同じ教室で学ぶので、多様な人材とチームで課題解決する良い機会となります。

『教養教育』を支える4つの柱

導入科目
大学で学修する上で求められる基礎的知識・能力を培います。
実践科目
社会人として必要な実践力や課題解決力を身につけます。
教養科目
歴史、政治、憲法、心理学など広くさまざまな学問を学び人間力を養います。
心と身体の
健康科目
スポーツのみならず、健康学や心の健康についても学修することができます。

「高校の学びから大学の学びへのスムーズな移行」を実現するためのサポート施設も完備

「基礎教育センター」「基礎教育サポートセンター」

「基礎教育センター」「基礎教育サポートセンター」

「履修登録ってどうやるの?」「友達ができるかな…」。そんな不安に幅広く対応し、「高校の学びから大学の学びへのスムーズな移行」を実現するためのサポート施設が「基礎教育センター」「基礎教育サポートセンター」です。入学前教育やクラス担任制度もあり、学生一人ひとりを力強くサポートします。