九州産業大学では、芸術学部を中心に、美術、工芸、デザイン、写真など多くの美術作品を収集してきました。九州産業大学美術館は、これらのコレクションを本学の芸術教育研究に役立てるとともに、学外にも公開して地域の方々の楽しみと学習に資するため、2002年4月に開館しました。
本学が有する「ひと・もの・こと」を活用しながら、展覧会だけでなく、地域の方々を対象としたワークショップなどを実施し、地域の文化芸術振興に努めています。

開催中の展覧会

展覧会
  • 九州産業大学創立60周年記念事業「美の鼓動・九州」クリエイター・アーカイブvol.3

    九州産業大学では、テレビ番組「美の鼓動・九州」(TNCテレビ西日本にて毎週日曜日の午前11時45分から放映中)を制作し、九州で活躍する芸術家を紹介しており、放送200回を迎えました。 本展覧会では、平成29年4月から平成31年3月までの同番組の出演者の中から、さまざまな分野で活躍する10名のクリエイターを取り上げ、「つなぐ」をテーマに、各クリエイターの多様な表現をご覧いただきます。

    平成31年4月2日(火)ー5月19日(日)

お知らせ