九州産業大学では、芸術学部を中心に、美術、工芸、デザイン、写真など多くの美術作品を収集してきました。九州産業大学美術館は、これらのコレクションを本学の芸術教育研究に役立てるとともに、学外にも公開して地域の方々の楽しみと学習に資するため、2002年4月に開館しました。
本学が有する「ひと・もの・こと」を活用しながら、展覧会だけでなく、地域の方々を対象としたワークショップなどを実施し、地域の文化芸術振興に努めています。

開催中の展覧会

展覧会
  • 九州産業大学創立60周年記念特別展
    「酒井田柿右衛門×九州産業大学=MIRAI」

    【開催中止のお知らせ】
    10月17日(土)〜11月15日(日)まで開催を予定していた「九州産業大学創立60周年記念特別展 酒井田柿右衛門×九州産業大学=MIRAI」は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開催を中止することとなりました。本展を楽しみにしていた皆さまには、大変申し訳ありませんが、ご理解賜りますよう、お願いいたします。

    ※本展は中止することになりました

  • 第29回九州産業大学美術館所蔵品展
    「絵画と語らう」−風景・動物・人をめぐる旅−

    九州産業大学美術館の所蔵品から、絵画や版画作品を中心に紹介する展覧会。風景・動物・人物の3つのテーマに分け、絵画の世界観やその中で起こっていることに注目することで、じっくりと作品をご鑑賞いただけます。

    2020年09月11日(金)〜2020年11月3日(火)

これからの展覧会

展覧会

お知らせ