開催中の展覧会

展覧会

もしも… 大辻清司の写真と言葉

【前期】 2024年6月8日(土)ー6月30日(日)  【後期】2024年7月5日(金)ー7月28日(日)

もしも… 大辻清司の写真と言葉

If… Photos and Words by Kiyoji Otsuji

〈もしも…〉 大辻清司 1969 フィルム原版からの出力 武蔵野美術大学 美術館·図書館

前期 202468日(土)-630日(日)

後期 202475日(金)-728日(日)

開館時間 10:00-17:00(入館は16:30まで)※金曜日は19:00まで

休館日 月曜日

入場料 一般200円、大学生・専門学校生100円

※高校生以下、65歳以上、本学学生は無料

主催 九州産業大学[九州産業大学美術館、九州産業大学アート&デザイン研究センター(CADS)]

特別協力 武蔵野美術大学 美術館·図書館

 

写真家大辻清司(1923-2001)は、戦後日本の前衛芸術グループ「実験工房」のメンバーであり、変貌する時代の併走者として様々な芸術家たちの創造の現場や都市環境にレンズを向け、また独自の視点から数々のすぐれた写真論を執筆し、桑沢デザイン研究所、筑波大学、九州産業大学ほかで多くの後進を育てた芸術教育の実践者でもありました。

本展では、2008年より大辻に関する原資料の総合的なアーカイブ化をすすめてきた武蔵野美術大学 美術館·図書館「大辻清司フォトアーカイブ」の協力のもと、貴重な作品及び資料をつうじ大辻の写真と言葉をたどり、その現代的意義を浮き彫りにしていきます。

 

第1章太陽の知らなかった時」: 作家活動の原点にあたる1950年前後、大辻はどんなモチーフ、方法を択び、制作をスタートしたか?

第2章月に憑かれたピエロ」; 1953年に大辻が参加したインターメディアの芸術集団「実験工房」(武満徹、北代省三、山口勝弘、福島秀子、駒井哲郎ほか)の軌跡、コラボレーションの数々を資料と写真から蘇らせる。

第3章アトリエ訪問」: 同時代芸術の現場にレンズを向けたドキュメント。本館所蔵の美術作品(鳥海青児、豊福知徳、棟方志功、駒井哲郎、林武)と交えながら、アトリエという場を見つめる大辻のカメラアイを検証。

第4章無言歌/舞踏〈禁色〉」: 変貌する都市環境と人間の関わりを探究する、1950年代後半~70年代年代初めの多彩な実践をたどる。キーワードは“シークエンス”(連続写真)。

第5章もしも…」: カラー写真の傑作〈終章〉〈もしも…〉、映画〈上原2丁目〉。眼の前の光景に揺曳しだす、予兆・余韻・ケハイをとらえた中期大辻の傑作群。

第6章間もなく壊される家」:撮ることと書くことを行き来しながら思考を続けた大辻の代表作〈大辻清司実験室〉(1975)から、そのエッセンスを。

第7章工房から」: 1980年代以降の後期の作品と言葉を紹介。21世紀の私たちに大辻が残したメッセージとは?

 

【関連イベント】 

アートアーカイブの昨日・今日・明日:

武蔵野美術大学 美術館·図書館における実践-大辻清司フォトアーカイブ/杉浦康平デザインアーカイブ

日時 2024712日(金)17:40-19:20

講師 村井威史(武蔵野美術大学 美術館·図書館)

場所 九州産業大学15号館15102教室 *聴講無料・申込不要

◎7月12日(金)の講演会に参加される先着100名様に杉浦康平デザインアーカイブ「デザイン・コスモス」A4判カード(非売品)を進呈します

 

公開連続講座:もしも… 大辻清司の写真と言葉

日時 20246月14日(金)17:40-19:20 【終了しました】

   2024719日(金)17:40-19:20

講師 大日方欣一(九州産業大学美術館館長)

場所 九州産業大学15号館15101教室 *聴講無料・申込不要

★ちらし(表)PDFはこちらをクリック

★ちらし(裏)PDFはこちらをクリック

 

〈新宿・夜〉 大辻清司 1952 武蔵野美術大学 美術館·図書館所蔵

〈上原2丁目〉 大辻清司 1973 映画(カラー、サウンド、13分47秒) 16㎜動画フィルムから出力 武蔵野美術大学 美術館·図書館所蔵

〈やがて春〉 大辻清司 1988 武蔵野美術大学 美術館·図書館所蔵