AI・データサイエンス副専攻

さまざまな分野で活躍が期待される
AI・データサイエンス人材

実社会において即戦力となるAI・データサイエンス人材は、多くの企業からのニーズが高い一方で、慢性的に不足しているといわれています。データ分析に加え、マーケティングや統計学、プログラミングなどの高度な知識が求められるからです。しかし今後、AI・データサイエンスは、専門家以外も学び・活用しなければならない時代に突入していきます。


こんな人におすすめ

  • 文系
    学部

    観光データの分析を行うために、理工系学部のプログラミングを活用したい!

  • 理工系
    学部

    適切なデータベースを設計するのに、経済学部の統計学を学びたい!

  • 芸術系
    学部

    デザインデータを活用するために、芸術学部のデータサイエンスを学びたい!


POINT1

総合大学だからこそできる副専攻制度!

全学部共通のKSU基盤教育で学ぶAI関連科目を基礎に、文系・理工系・芸術系に設置している「AI」「データサイエンス」科目を副専攻として学ぶことができます。同じ「AI」科目でも、文系と理工系ではアプローチの方法が大きく違います。副専攻制度を利用し、他学部の学びを修得することで、AI・データサイエンスのスペシャリストを目指します。

AI・データサイエンス副専攻対象科目一例

● データリテラシー
● データ分析の基礎
● データベース
● データ分析の応用
● スポーツデータサイエンス
● AI導入
● AIプロブラミング演習
● AIリテラシー
● AIプログラミング入門


POINT2

学部学科の枠を超えた体系的な学びが可能に!

「AI・データサイエンス副専攻」は、AI・データサイエンス分野について、導入から応用レベルまで、体系的に学べるようにデザインされています。 規定の単位を修得すると副専攻の修了証が与えられ、就職活動の際に履歴書の「免許・資格欄」に記載することができます。