生活環境デザイン学科

芸術学部

生活環境デザイン学科とは

多彩なモノづくりを実践し、生活や環境のデザイナーを目指す。

生活環境デザイン学科

人間が生活を営む環境をより良くするため、伝統的・先端的な技術・技法や考え方を学び、それらをいかす構成力や造形力を実践的な授業を通して修得。人間の手で生み出されるモノ、機械で生み出されるモノ、モノを組み合わせ生み出される空間、空間を演出し生み出される現象、それらに人間が関わり生み出される時間をデザインする能力を身につけ、豊かな暮らしや環境をつくり出す専門家を育成します。

生活環境デザイン学科で学ぶ理由

  • ポイント 1

    素材・技・リサーチ・感覚など多様な造形アプローチ

  • ポイント 2

    各種工房や実習室を活用した実制作

  • ポイント 3

    学年を超えた様々な活動による厚みある学び

カリキュラム

工芸デザイン専攻

金属工芸・陶芸・染織を軸に現代的な美を追究する

1年次に工芸の基礎、2年次からは専門分野を選び、伝統的な工芸技法から現代的な造形表現まで深く学びます。世界から注目されている日本の“Kōgei”。確かな技術力をいかし、生活に彩りを添える専門家の育成を目指します。

プロダクトデザイン専攻

生活に密着した商品の企画・デザイン開発を学ぶ

暮らしに必要な商品の企画からプロトタイプの制作、プレゼンテーションに至る商品開発のプロセスの基礎的な知識や技術、実際の仕事の場面を意識した商品開発を学び、実社会で活躍できるデザインのプロを育成します。

空間演出デザイン専攻

インテリア、ディスプレイ、ファッションなど生活シーンのデザインを学ぶ

“身体”を基軸に“空間”を捉え、人間を取り巻く“身体空間”、“室内空間”、“屋外空間”に加え、“時間”をもデザインの対象とし、心地よく楽しく過ごせる生活環境の実現に貢献できる空間演出デザインの専門家を育成します。

目指せる資格

取得可能資格
  • 中学校教諭一種免許状(美術)
  • 高等学校教諭一種免許状(美術・工芸)
  • 司書
  • 学芸員
  • 社会教育主事任用資格 など

卒業後の進路

工芸デザイン専攻
  • 工芸作家
  • 陶芸家
  • ジュエリーデザイナー
  • テキスタイルデザイナー
  • セラミックデザイナー
  • 工芸デザイナー
  • 美術
  • 工芸系教員 など
プロダクト
デザイン専攻
  • 企業内デザイナー
  • プロダクトデザイナー
  • 商品企画プランナー
  • 雑貨デザイナー
  • 家具デザイナー
  • デザインモデラー など
空間演出
デザイン専攻
  • インテリアデザイナー
  • 照明デザイナー
  • ディスプレイデザイナー
  • ファッションデザイナー
  • ガーデンデザイナー
  • 舞台美術家
  • 建築家 など