芸術表現学科

芸術学部

芸術表現学科とは

美術・造形・メディアアートで世界に挑戦する。

芸術表現学科

芸術に関する基礎力から絵画、立体造形、先端的なメディア芸術についての幅広い知識と多様な技術・技法を学び、芸術表現分野の専門家として必要な造形力や審美力を身につけます。さらに、豊かな教養と人間性を養うための基礎教育科目・外国語科目を学修し、自由で個性豊かな芸術の創造を通して次代や社会の要求に応え、グローバルな視野で広く活躍できる人材を育成します。

芸術表現学科で学ぶ理由

  • ポイント 1

    新たな芸術を創造できる専門家の育成

  • ポイント 2

    次世代に対応したテーマやコンセプトによる作品制作

  • ポイント 3

    造形力や審美力の養成

カリキュラム

絵画専攻

古典から現代まで、幅広い絵画の創作研究

1年次は、デッサン・洋画・日本画・版画の基礎科目を幅広く体験し、2年次より「洋画クラス」「日本画クラス」「版画クラス」に分かれます。多様な授業を通して個性豊かな芸術家や、創造性をいかして社会に貢献できる人材を育成します。

立体造形専攻

あふれる感性と創造力で、時代に応える立体造形を構築

立体造形の基礎から応用まで学び、学生の個性に合った作品づくりを目指します。本専攻の特徴は、多様な素材を自由な視点で造形することで独創的な表現に発展し、創造する喜びや造形する楽しさを体感できることにあります。

メディア芸術専攻

先端のアートと技術で、新しい文化や価値を創出

先端のデジタル技術と、より柔軟な発想で、これまでにない芸術表現を追究。歴史ある芸術理論を応用し、混沌とした時代を読み解く新しい視点を学び、次代の多彩でエキサイティングな「メディア芸術」の創造を目指します。

目指せる資格

取得可能資格
  • 中学校教諭一種免許状(美術)
  • 高等学校教諭一種免許状(美術・工芸)
  • 司書
  • 学芸員
  • 社会教育主事任用資格 など

卒業後の進路

絵画専攻
  • 画家、美術家
  • マンガ家、デザイナー
  • 美術教育者
  • 学芸員
  • 保存修復家
  • 絵画教室経営 など
立体造形専攻
  • 造形作家
  • 彫刻家
  • フィギュア作家(造型師)
  • キャラクターデザイナー
  • 美術教育者
  • 学芸員
  • ディスプレイデザイナー など
メディア芸術専攻
  • メディアアーティスト
  • 映像作家
  • アニメーター
  • マンガ家
  • ゲームクリエイター
  • デジタルクリエイター など
Get Acrobat Reader

PDF形式のファイルが閲覧できない方はAdobe Readerをダウンロードしてください。