コンプライアンス行動規範

地域連携・社会貢献

この行動規範は、法令はもちろんのこと、倫理を含む社会的な規範や学内の規則、ルールなどを遵守するために必要なコンプライアンスの行動原則を示したものであり、例外なく全ての職員等が守らなければならない基本原則です。

1.行動指針

  1. 学園の職員等はコンプライアンスに照らし問題のある活動には関与しません。
  2. 学園は、コンプライアンスに関する違反、逸脱、過失等の事実があったときは、これを率直に認め、すみやかに是正措置を講じます。
  3. 学園は、社会の秩序、市民的社会の安全や学園の健全な活動に脅威を与える反社会的な勢力に対しては、毅然とした態度で臨み、経済的な利益を供与しません。
  4. 学園は、監督官庁、政治、行政との間において、健全かつ正常な関係を保持し、違法な政治献金、違法な利益供与、贈賄は行いません。

2.行動基準

  1. 建学の理想と理念の実現に向け、行動理念に基づいた教育・研究及び業務を行い、社会に貢献します。
  2. 学校法人としての公共性や社会的責務を自覚し、法令、倫理を含む社会的規範や就業規則等の学内諸規則を遵守します。
  3. 広く社会に対して情報公開を積極的に行います。
    1. 法人と設置する学校に関する情報及び業務遂行過程において、取り扱う情報は適切に管理します。
    2. 情報の不適切な開示、漏洩、不当利用を防止するなど、適切な管理と保護に努めます。
    3. 個人情報を保護し、その収集、利用、管理にあたっては、適切な方法で行います。
  4. 基本的人権を尊重します。
    1. 個人の基本的人権、価値観、個性、プライバシーを尊重し、人種、国籍、性別、年齢、身体上の相違などに関する差別的言動、暴力行為、ハラスメント(セクハラ、パワハラ、アカハラ等)、いじめ等の人格を無視する行為を一切行いません。
    2. 学生をはじめ、教職員同士及び業務上でかかわる全ての人の人格、個性、価値観を尊重します。
    3. 差別的取り扱い等、人権を侵害する行為があった場合には、法人として適切な処置を断固として行います。
    4. 人間を尊重し、快適で安全な職場形成に努め、労働災害を防止します。
    5. 規律を守り職務に精励することはもとより、私生活において慎みと良識を兼ね備え自立した社会人としての責任ある行動に努めます。
  5. ハラスメントの防止等及び被害者の救済の適切な対応に積極的に努めます。
  6. 調達活動を公平、公正に行います。
    1. 法令を遵守し、公正な取引関係の下に、物品、工事、サービス等を適切な品質と価格で調達します。
    2. 調達取引先に対しては、競争の機会を公平、公正に提供します。
    3. 調達取引先との間で、価格、見積、入札金額、同業他社の排除につながるような合意については、一切行いません。
    4. 調達取引先から職務に関連して、個人的な利益供与は一切受けません。
    5. 法令や商慣行に従って誠実に取引を行うことはもとより、調達取引先との契約上の義務を誠実に履行します。
    6. 調達した物品、工事、サービスの私的流用は、一切行いません。
  7. 法令や健全な商慣行に反するような不適切な支出は行いません。
    官公庁への接待、贈答は行わないことはもとより、関係者との付き合いは節度あるものとします。
  8. 会計に関する法令・基準を遵守し、正しい会計処理を行います。
    1. 諸官庁へ虚偽の情報提供は行いません。
    2. 経理業務の改善に努め、正確に会計情報を記録し、不適正な会計処理を行いません。
    3. 会計情報を迅速、正確に開示するよう努め、誤解や疑義を招く報告はしません。
  9. 環境問題への取り組みを積極的に行います。
    環境問題の重要性を強く認識し、環境及び地域社会と調和のとれた大学運営を目指します。

以上