Re:部屋プロジェクト(学生アパートのリフォームデザイン)

学部・大学院
  • 建築都市工学部 ×(株)ハウスメイトマネジメント

> 「KSUプロジェクト型教育で実践するSDGs」について

プロジェクト概要

株式会社ハウスメイトマネジメントと産学連携した「Re:部屋プロジェクト」は、学生がリフォームの企画・設計から施工までの実務に携わる研究活動です。住居・インテリア学科3年生・安達璃保さん(熊本・玉名高校)の設計「見せない収納で魅せる部屋」が最優秀作品に選ばれて実現し、オープンハウス(内覧会)を開催しました。物件は居住者に学生が想定される1LDKのアパートで、目に入るものを減らし、空間を広くすっきり見せることで心地良い空間を実現できました。

期待できる学生のスキルアップ

  • 学生が考えたこと・作ったもので地域社会の役に立つことを学生自身が実感できる研究
  • 図面や模型では終わらない実現を目指す挑戦と社会的な評価が伴う住居・インテリア学修
  • スキルの活用とプランの実行

担当:諫見泰彦

過去のKSUプロジェクト型教育