養殖ヒトエグサを原料とした化粧品の開発

学部・大学院
  • 生命科学部 ×(株)ゼンシン(福岡県筑紫野市(本社)、久留米市(研究所))

> 「KSUプロジェクト型教育で実践するSDGs」について

プロジェクト概要

熊本県産養殖ヒトエグサを用い、化粧品原料の抽出と成分の生理活性を検討しました。研究過程で得られた内容は、多くの学生の卒業論文、修士論文、博士論文となりました。抽出したエキスは、株式会社ゼンシンを通して、長寿乃里(株式会社長寿乃里、株式会社イング)で販売しているカイコの繭の成分であるシルクを主成分とする美容液(然(しかり)美容液)の開発に繋がりました。現在は、特殊な品種のカイコの繭糸を使った化粧品素材の研究を新たに開始しています。

期待できる学生のスキルアップ

  • 着想力
  • 企画力
  • 研究力
  • モノづくり力

担当:迎勝也

過去のKSUプロジェクト型教育