ひとにも住宅にもやさしい「窓」とはどんな窓か

学部・大学院
  • 建築都市工学部 × 亀屋硝子(株)

> 「KSUプロジェクト型教育で実践するSDGs」について

プロジェクト概要

ひとにも住宅にもやさしい窓とはどんな窓か、探っています。窓から太陽光や新鮮な空気を取り入れます。窓表面が外界気象の変化の影響を受け露点温度以下になれば結露します。窓内外の空気に温湿度の差ができれば熱と水分が移動し空調負荷が増します。窓は、快適性・健康性・省エネルギー性といった住宅性能を左右します。これまでのプロジェクト担当学生は、住宅メーカーや建材卸業者に就職したり、就職先で産学連携窓口を担ったりするなど専門技術・技能を活かせる人材として活躍しています。

期待できる学生のスキルアップ

  • 住宅生活ならびに居住環境に関する専門知識・スキル
  • 建物全体の性能から捉える窓の設計(住宅設計能力)
  • 建物性能に関わる物理量と快適性能の実験と分析と予測(建築環境・設備の思考と技術)
  • 課題発見と解決、目標達成までやり遂げる責任(イノベーション能力)

担当:香川治美

過去のKSUプロジェクト型教育