テクノアートプロジェクト

学部・大学院
  • 理工学部 × 芸術学部 × 建築都市工学部 × 商学部 × 福岡市科学館

> 「KSUプロジェクト型教育で実践するSDGs」について

プロジェクト概要

専門を横断して連携し、ロボット開発の技術とプロダクトデザインを組合せ、実践的なものづくりを体験します。デザインとロボット・メカトロ・情報通信技術とを組合せ、おもしろい玩具、新しい生活スタイルを提案する照明器具を試作。理工学部がセンサ・マイコン・LED・モータ・ソフトウェアなどの技術、芸術学部が企画とデザインを担当します。作品は2020年1月から2月に福岡市科学館でプレゼンテーションと展示を行いました。韓国・水原大学校との国際PBLも実施しています。

期待できる学生のスキルアップ

  • デザインや技術の基礎知識と応用力を養います。
  • 専門分野の異なるメンバー間のコミュニケーション能力も向上します。
  • 国際的な視野を持つこともできます。

担当:牛見宣博/青木幹太/佐藤昭則/村上剛司/下川俊彦/神屋郁子/鴈野重之/貞方敦雄/松野尾仁美/聞間理

過去のKSUプロジェクト型教育