積み木でライトアップのワークショップとインスタレーション

学部・大学院
  • 建築都市工学部 × こども環境学会 × 九州工業大学 × 長門おもちゃ美術館

> 「KSUプロジェクト型教育で実践するSDGs」について

プロジェクト概要

九州工業大学でのこども環境学会全国大会や山口県の長門おもちゃミュージアムで、積み木とLEDを使い「ライトアップの良否は光源・反射・遮蔽のバランス」との知見を子どもたちが学ぶワークショップを実践しました。LEDを中心に様々な形の積み木を並べたり重ねたりして、積み木を照らす光や積み木と積み木の間から漏れる光を鑑賞しました。日本建築学会ワークショップコンペ入賞や日本デザイン学会教育成果集掲載などの評価を得て、九州産業大学学長賞を受賞しました。

期待できる学生のスキルアップ

  • 学生が考えたこと・作ったもので地域社会の役に立つことを学生自身が実感できる研究
  • 図面や模型では終わらない実現を目指す挑戦と社会的な評価が伴う住居・インテリア学修
  • スキルの活用とプランの実行

担当:諫見泰彦

過去のKSUプロジェクト型教育