地域密着型大学の子ども理科実験教室

学部・大学院
  • 生命科学部 × 学外連携課

> 「KSUプロジェクト型教育で実践するSDGs」について

プロジェクト概要

「作る、遊ぶ、学ぶ」をテーマに、小学生を対象とした理科実験教室を年4~5回、学内外で開催しています。毎回異なる内容の科学実験とマジックショーを実施しており、参加者からはいつも「楽しかった!」と高い評価を得ています。当活動は、子どもたちに科学の楽しさと「なぜ?」「どうして?」を伝えることを通じ、学生の探求心・計画立案能力・指導力・社会性の育成に加え、延いては国内産業界で危惧されている子どもの理科離れの改善に貢献することを目的としています。

期待できる学生のスキルアップ

  • 化学における専門知識
  • 子供たちに対する伝える力(教育力)
  • 主体性、責任感
  • 集団行動・公共心

担当:平山智之

過去のKSUプロジェクト型教育