高齢者・せき損患者らのリハビリロボット研究プロジェクト

学部・大学院
  • ヒューマン・ロボティクス研究センター(理工学部、芸術学部、建築都市工学部、人間科学部、商学部)× 総合せき損センター × 香椎原病院 × ロボフューチャー(株)× HyACT

> 「KSUプロジェクト型教育で実践するSDGs」について

プロジェクト概要

2009年度より本学と総合せき損センターは共同研究契約を締結し、リハビリ支援ロボットを開発しています。起立訓練ロボット、立位保持訓練ロボット、歩行支援ロボット、ベッドサイド介護ロボットなどを開発中です。これまでに国際福祉機器展、ロボット産業マッチングフェア北九州などで発表・展示をしています。企業と共同での実用化を目指しています。

期待できる学生のスキルアップ

  • 学部・専門を横断した研究体制により着実な成果が出ています。
  • 困難な課題に挑戦する力やコミュニケーション力が身に付きます。
  • 専門知識の修得とともに就職活動にも有効に活用できます。

担当:牛見宣博/村上剛司/下川俊彦/前田誠/神屋郁子/青木幹太/松野尾仁美/西薗秀嗣/聞間理/榊泰輔

過去のKSUプロジェクト型教育