芸術建築学校「バウハウス」創立100周年国内展(2019年)に向けた学生作品研究

学部・大学院
  • 建築都市工学部 × バウハウス100周年委員会 × ミサワバウハウスコレクション

> 「KSUプロジェクト型教育で実践するSDGs」について

プロジェクト概要

このプロジェクトでは、1919年に設立されたドイツの芸術建築学校「バウハウス」の創立100周年国内展に向けて90年ほど前にバウハウスの学生たちが制作した建築作品群について研究しました。プロジェクト参加学生は、2年間をかけてバウハウスの学生たちが残した建築設計案や都市計画案を深く・広く分析しました。その成果は、多い学生は2回、少ない学生でも1回日本建築学会九州支部で公表し、最先端の研究成果を効果的に伝える力を各段に上げることができました。

期待できる学生のスキルアップ

  • 状況を分析し課題を設定する力
  • 計画的にプロジェクトを進める力
  • 研究成果を効果的に伝える力

担当:冨田英夫

過去のKSUプロジェクト型教育