狭小住宅の設計提案

学部・大学院
  • 建築都市工学部 ×(株)斎藤工務店

> 「KSUプロジェクト型教育で実践するSDGs」について

プロジェクト概要

株式会社斉藤工務店より、敷地面積115.705㎡(約35坪)の狭小地を敷地とし、実際に建築する戸建住宅を提案して欲しいとの依頼を受け、設計デザイン実習の授業内で取り組みました。現地の敷地調査を行い、構造と間取りの整合の取り方や狭小住宅の設計手法を学びながら、松野尾研究室10名の学生が、ゼミ内コンペとして挑戦しました。コンペで最優秀に選ばれた作品は、春以降に実施設計を経て着工する予定です。

期待できる学生のスキルアップ

  • 木造住宅の設計手法に関する知識の修得
  • プレゼンテーション能力の向上
  • スケジュール管理能力の向上

担当:松野尾仁美

過去のKSUプロジェクト型教育