協同組合福岡・大川家具工業会と連携した家具・雑貨開発および成果品の展示計画

学部・大学院
  • 建築都市工学部 × 芸術学部 × 協同組合福岡・大川家具工業会

> 「KSUプロジェクト型教育で実践するSDGs」について

プロジェクト概要

福岡・大川家具工業会との産学連携による家具・雑貨の商品開発は、2012年度から始まり8年目になります。建築都市工学部住居・インテリア学科では、家具・雑貨開発と合わせて、成果品展示会(ジャパンインテリア総合展・大川春の木工まつり)の展示計画も行っています。2019年度は新型コロナウイルスの影響で急遽展示会が中止となったため展示計画の実現は叶いませんでしたが、展示計画の立案と工業会へのプレゼンテーション、施工業者との打ち合わせまで行いました。

期待できる学生のスキルアップ

  • 実践力
  • 社会人としてのコミュニケーション
  • 他者と共に働く力
  • チームをまとめ上げる統率力
  • 実社会と関わることで進路選択に役立つ

担当:吉村祐樹/青木幹太/佐藤昭則/飯田真生(技能員)

過去のKSUプロジェクト型教育