医工芸経連携によりリハビリ・介護プロセスを革新するロボット実用化研究拠点

学部・大学院
  • ヒューマン・ロボティクス研究センター(理工学部、芸術学部、建築都市工学部、人間科学部、商学部)× 総合せき損センター × 香椎原病院 × ロボフューチャー(株)

> 「KSUプロジェクト型教育で実践するSDGs」について

プロジェクト概要

急激な超高齢社会の到来、リハビリ・介護現場の人手不足、また医療費節減のため、ロボットの導入が期待されています。高齢者・せき損患者のリハビリ支援ロボット、全身性麻痺患者用移動支援ロボット、生活介助ロボット機器などを開発しています。基礎分野では、アクチュエータ、センサによる人の動きを検出、モーション制御、リハビリロボットの事業モデル、製品デザインを開発しています。また、人材育成分野でも教育プロジェクトを実施しています。

期待できる学生のスキルアップ

  • ロボットの実用化を通じ若手技術者を育成します。
  • 現場ニーズを抽出し技術と組み合わせるスキルを学びます。
  • 粘り強く考える力やコミュニケーション能力を磨きます。

担当:牛見宣博/村上剛司/下川俊彦/前田誠/神屋郁子/青木幹太/松野尾仁美/西薗秀嗣/聞間理

過去のKSUプロジェクト型教育