2足歩行ロボット製作プロジェクト

学部・大学院
  • 理工学部 × 九州大学 × 福岡工業大学 × 九州ロボット練習会 × 福岡市科学館

> 「KSUプロジェクト型教育で実践するSDGs」について

プロジェクト概要

他大学とも交流しながらロボットを開発!
競技会でも高い評価を獲得!

理工学部機械工学科では、学生の「ものづくり」活動を支援するために「ロボット工房」を設置しています。主な活動は2足歩行ロボットの開発とロボット競技会への出場です。オープンキャンパスや展示会にも積極的に参加しています。また、九州大学のヒューマノイドプロジェクト、福岡工業大学の二足歩行ロボットプロジェクトとの学生交流も盛んに行っています。プロジェクトに参加する学生は、実際に手を動かしながら、設計、部品加工、組立といったロボット製作の一連の過程を実践的に経験し、自ら新しいロボットを開発しています。2019年2月に開催された格闘技大会「第18回 ROBO-ONE Light」においては、本学の学生らが「技術賞」と「デザイン賞」をダブル受賞し、ものづくり活動が高く評価されました。

プロジェクト参加学生の声

田中 郁也
理工学部 機械工学科・4年 佐賀県・佐賀北高等学校
  • ロボット工房のリーダーとして、ロボット製作、後輩の指導を行ってきました。これらの活動の中で、技術力や活動時間の問題で、計画通りにロボットの製作が進まず、多くの失敗がありました。また、ロボット競技会への参加では、目標とする結果が得られないこともありました。しかしながら、仲間と協力し、活動をともにすることで、技術面・精神面で大きく成長できた1年でした。

期待できる学生のスキルアップ

  • 自ら新しいロボットを開発する創造性や自主性
  • ロボットのトラブルに迅速に対応できる柔軟性
  • 他大学の学生や社会人技術者らとの人脈作りや協調性

担当:牛見宣博

過去のKSUプロジェクト型教育