福岡市科学館360°シアター
映像制作ワークショッププロジェクト

学部・大学院
  • 造形短期大学部 × 福岡市科学館 × (株)ピービーシステムズ × 九産大学外連携課

> 「KSUプロジェクト型教育で実践するSDGs」について

プロジェクト概要

このプロジェクトは、福岡市科学館をステージに、造形短期大学部が工作ワークショップを実施して、その様子を映像制作会社、株式会社ピービーシステムズが立体映像制作するという連携企画です。これは6月に親子を対象とした工作ワークショッププログラムを実施し、8月の1ヶ月間、福岡市科学館内施設360°シアター「4D王」(現在は撤去)で上映したものです。ワークショップはその場でしか楽しめない空間ですが、立体映像にすることで、より多くの人に楽しんでもらうきっかけになると同時に、空間の記録を行うという実験的な要素がある企画です。

期待できる学生のスキルアップ

  • 学生がプログラムを主体的に考える力を養うこと
  • 授業で習った学びを学外で実践する経験を得ること
  • 地域の親子交流の場を提供すること
  • 企業と連携することで得る学び

担当:森下慎也

過去のKSUプロジェクト型教育