博多エキナカ「マイング」
ハロウィンディスプレイプロジェクト

学部・大学院
  • 造形短期大学部 × (株)博多ステーションビル × (一社)日本空間デザイン協会 九州支部

> 「KSUプロジェクト型教育で実践するSDGs」について

プロジェクト概要

このプロジェクトは、博多エキナカ「マイング」にあるディスプレイボックス11か所に、福岡市地域でデザインを学ぶ大学生、短大生、専門学校生がディスプレイデザインの作品制作を行ったもので、造形短期大学部からは2チームが参加しました。この企画は、コンテストも兼ねており、優秀賞、奨励賞、博多ステーションビル社長賞を受賞しました。この企画で参加学生たちは、限られた予算や材料、制作時間の中、最適なデザイン案を出し、それを形にしていく学びを得ました。

期待できる学生のスキルアップ

  • 学生がプログラムを主体的に考える力を養うこと
  • 授業で習った学びを学外で実践する経験を得ること
  • 企業と連携することで得る学び

担当:森下慎也

過去のKSUプロジェクト型教育