段ボール工作キット 開発プロジェクト

学部・大学院
  • 造形短期大学部 × 大国段ボール(株)

> 「KSUプロジェクト型教育で実践するSDGs」について

プロジェクト概要

このプロジェクトは、学生が段ボールを主な素材として、工作キットや、段ボールを使った遊具の制作を行い、ワークショップやイベントで検証し、製品として提案する取り組みです。加工や調達コストに優れた段ボールを使った低コストの玩具の工作キット、変身キットなどは、商業施設などで親子へワークショップを開催することで、問題点を発見し、改善していきます。これは、段ボール工場と連携することで、量産を想定した、実践的な学びにつなげる目的があり、パワフルに活動をしています。

期待できる学生のスキルアップ

  • 学生がプログラムを主体的に考える力を養うこと
  • 授業で習った学びを学外で実践する経験を得ること
  • 地域に工作を通した学修の場を提供すること

担当:森下慎也

過去のKSUプロジェクト型教育