大刀洗町大堰おおぜき駅ブラッシュアッププロジェクト

学部・大学院
  • 芸術学部 × 西日本鉄道(株)× 大刀洗町

> 「KSUプロジェクト型教育で実践するSDGs」について

プロジェクト概要

テレビや新聞にも取り上げられて話題に!
老朽化した駅の再生プロジェクト

大刀洗町の公共交通は3つの無人駅だけです。町内には小学校4校と中学校1校があるのみで、高校や大学への進学は町外に出なければなりません。しかし駅は老朽化し暗く寂しい雰囲気でした。そこで、2019年大刀洗町ライフを豊かにする一つの方策として現在ある駅の美化と彩飾が計画されました。本学芸術学部はそのプロジェクトに協力し、大刀洗町、西日本鉄道株式会社とともに計画を実行に移しました。実践したのは芸術学部3年生で、全5学科から参加しました。1年間を通じて行った「明るい駅への再生」は多くのマスコミから注目され、新聞に掲載されたほかローカルテレビ局で放送されるなど好評でした。この授業で学生が得たものは、学科の壁を超越した協力やコミュニケーションの重要さ、また苦手なスキルの克服などであり、地域に役立つデザインの方法論です。

プロジェクト参加学生の声

上田 真衣
芸術学部 ソーシャルデザイン学科・4年 熊本県・熊本市立必由館高等学校
  • 他学科の友人が増え、協調性を養うことができ、苦手なことも友人のヘルプのおかげで克服することができました。1年間がとても充実しており、大きなことをやりきった達成感がありました。記者に取材された時は恥ずかしさもありましたが、自信になりました。学修のポートフォリオに加えることができ、とても重要なコンテンツとなりました。ペイントは暑さとの闘いでしたが、完成した駅を見た時はとても感動しました。

期待できる学生のスキルアップ

  • 企画力
  • 協調性
  • 行動力
  • 調整力
  • コミュニケーション力

担当:井上友子

過去のKSUプロジェクト型教育