スポーツ遠隔指導アプリ「スマートコーチ」活用プロジェクト

学部・大学院
  • 人間科学部 × ソフトバンク(株)

> 「KSUプロジェクト型教育で実践するSDGs」について

プロジェクト概要

ソフトバンク社のスポーツ遠隔指導アプリ「スマートコーチ」を部活動と体育系授業に導入。運動パフォーマンスをスマホやタブレットで撮影し、お手本動画などと比較することで、自らの動作の客観的理解を促します。その際、指導者や仲間とオンラインでテキストを用いた議論をすることにより、主観的な感覚の言語化能力も鍛えられます。身近なアプリを用いて論理的に自身のパフォーマンスを向上させたり、他者をコーチングできる選手や指導者の育成を目指します。

期待できる学生のスキルアップ

  • 自己客観化能力
  • 言語化能力
  • ICTスキル
  • PDCAスキル

担当:福田拓哉/原巌/奥村浩正/安達隆博/秋山大輔/福田潤

過去のKSUプロジェクト型教育