九州・韓国南部大学生観光論文発表大会

学部・大学院
  • 地域共創学部 × 日本観光研究学会

> 「KSUプロジェクト型教育で実践するSDGs」について

プロジェクト概要

九州産業大学に事務局を置く日本観光研究学会九州・韓国南部支部が開催する「大学生論文発表大会」は、観光を学ぶ学生の意識を高め、九州における観光研究・教育の興隆を目的に実施しています。第12回目を迎える2019年度は、九州運輸局及び九州観光推進機構の後援を受けて、4大学から11グループが参加しました。結果、九州産業大学・千ゼミナールによる「新上五島町における観光の現状と課題」が九州運輸局長賞を受賞しました。

期待できる学生のスキルアップ

  • 自ら研究課題を設定し、調査・検証・提案することにより、研究活動の一連のプロセスを身に付けることができます。
  • 研究結果を論文にまとめ、プレゼン資料を作成し、学会員や後援機関の審査のもとで発表経験ができます。
  • 九州内他大学や後援機関関係者との交流を深め、視野を広げることができます。

担当:千相哲/室岡祐司/大方優子

過去のKSUプロジェクト型教育