海水浴場における人命救助ボランティア活動

学部・大学院
  • 商学部 × 地域の消防関係者 × 地域行政機関

> 「KSUプロジェクト型教育で実践するSDGs」について

プロジェクト概要

志賀島海水浴場やシーサイドももち海浜公園で海水浴シーズンにライフセービングのボランティア活動を行っています。地域の消防士や警察の方などと連携し、未然に水難事故を防ぐためのパトロールなどを行います。ボランティアとして地域の海水浴場の安全を守るために、年間を通じてトレーニングを行い、事故への対応や安全管理について学修します。同時に海の家の方など海水浴場に関わる方々と協力しながら、海水浴場をより安全で楽しい場とするための活動も行います。

期待できる学生のスキルアップ

  • チーム活動では、自身のできることを認識し実行することが求められます。その中で主体性、実行力が身に付きます。
  • チーム活動では、仲間の情況を理解し思いやることが重要です。活動を通じて、情況把握力や柔軟性が身に付きます。
  • 人命救助などのボランティア活動を通じて、消防・警察などの仕事に触れる機会が得られます。
  • 将来の進路として消防士や警察官へ挑戦する学生が多いです。

担当:朝日亮太

過去のKSUプロジェクト型教育