福岡ソフトバンクホークス連携講座

学部・大学院
  • 人間科学部 × 福岡ソフトバンクホークス(株)

> 「KSUプロジェクト型教育で実践するSDGs」について

プロジェクト概要

満員の球場を創り出す経営戦略を学び、
学生による地域貢献活動を企画・実施!

日本のプロスポーツビジネス界で名実ともにトップを走る福岡ソフトバンクホークス株式会社を題材に、エンターテインメント産業の理論と実際を学べる世界で唯一の講座です。球団スタッフによる講義、福岡PayPayドームでの観戦実習を通して、球団経営における戦略やマーケティングの実際に触れられます。また、福岡ソフトバンクホークス株式会社への企画提案プレゼンテーションや、小学生対象の野球教室を企画・運営する「学びのアウトプット」により、「産学一如」を具現化するビジネススキルも身に付けられます。学部横断型で実施される本講座には、人間科学部のみならず、他学部の学生も多数参加。専攻や学年の枠を超え、学生同士の創発を生み出す場にもなっています。

プロジェクト参加学生の声

伊志嶺 瑠希
人間科学部 スポーツ健康科学科・3年 沖縄県・八重山高等学校
  • 前期の連携講座では、プロスポーツのエンタメ空間のつくり上げ方を学びました。新しいファンの獲得やコアファンの満足度アップに向けた戦略を知ることができました。後期は「プロ・アマ合同少年野球教室」を実施。企画運営を通じてイベントを成功させることの大変さや、企業や地域からのサポートの重要性を学ぶことができ、前期と合わせて学びを腹落ちするとても良い機会になりました。

期待できる学生のスキルアップ

  • 事象の仕組みを論理的に理解する力
  • データを使って企画提案する力
  • 費用対効果の視点で事象を判断するビジネス力
  • 社会的ニーズに応えるソーシャル・イノベーション力
  • 学部・学年の枠を超えた活動によるコミュニケーション力

担当:秋山優/福田拓哉/吉田明日美/秋山大輔/加藤忠彦

過去のKSUプロジェクト型教育