REAL JAPAN KSU PROJECT-世界に日本語・日本文化を伝えよう! ベトナム・ホーチミン編-

学部・大学院
  • 国際文化学部 × Ho Chi Minh City University of Foreign Languages and Information Technology × Foreign Trade University (Ho Chi Minh City Campus)

> 「KSUプロジェクト型教育で実践するSDGs」について

プロジェクト概要

ベトナムの大学で「Real な日本」を発信!
学生同士の交流で相互理解を深める

グローバル化が進んでも、諸外国の対日認識には誤解があり、十分に理解されていません。その要因は彼らにRealな日本が伝わっておらず、それどころか、多くの日本人も自分たちの母国である日本をよく理解しておりません。そこで、酒井順一郎ゼミは、外交・経済において深い関係のあるベトナムの大学を訪問し、以下のことを行いました。
① ゼミ生による日本語教育及び日本文化のプレゼンを行い、Realな日本語・日本文化を理解してもらい、広める。
② ベトナムの大学生からベトナムの歴史・文化・言葉だけでなく、ベトナム戦争を通した「戦争・平和学」を学ぶ。
③ 将来のためのアジアの人脈を広げる。以上を行い、両国の学生のディスカッションを通して競い、理解し合うことで友情を深めました。

プロジェクト参加学生の声

砥上 夏菜
国際文化学部 日本文化学科・4年 沖縄県・具志川高等学校
  • 自ら考え行動すること、ゼミ長としてゼミでの進行・企画・プレゼンなどに客観的な視点を持ちチームをまとめることができ、昨年の自分より成長したと強く感じています。非母語話者にもわかる「やさしい日本語」や英語、ベトナム語で伝える勉強もできたことは将来役に立つと思います。今後、このプロジェクトで得た人脈をさらに広げグローバル人材として国際社会に貢献していきたいと思います。

期待できる学生のスキルアップ

  • Realな日本(日本語・日本文化など)を調査し、基礎知識を養える。
  • 日本の概念・魅力を伝えるコミュニケーション力を養える。
  • 異文化の言語・文化を学び、理解できる。
  • ディスカッションを通して、日本と諸外国の友好関係を築く術を学べる。

担当:酒井順一郎

過去のKSUプロジェクト型教育