博士前期課程 現代ビジネス専攻
研究科概要(マネジメント分野)

経済・ビジネス研究科

現代ビジネス専攻「マネジメント分野」の概要

グローバル化と規制緩和の進展にともなう企業間競争の激化によって、企業及び事業の再編成が急速に進む中で、質の高いマネジメント、戦略的マーケティング、効果的なITの活用等による経営改革が進行しています。

現代ビジネス専攻「マネジメント分野」は、そのような現代企業に関連して事業経営、ヒト・モノ・カネ・情報の管理等を理論的、実践的に分析し、問題発見と課題解決能力を養い、企業の中堅となるビジネスパーソン、中小企業経営者や企業家、将来経営学を探究する研究職等の養成を目標とし、「修士(経営学)」の学位の取得を目指します。

現代ビジネス専攻「マネジメント分野」の研究教育分野

経営学に関わる基礎科目を前提に、経営管理、経営財務、人的資源管理、国際経営システム比較、中小企業経営等に関わる応用的科目を設置しています。また、経営情報システム、情報ネットワーク等ビジネス情報に関する基礎的知識と専門的スキルを修得し、応用力を身につけるため、経営情報学、情報産業も設けています。

「専修コース」では、基礎を重視した研究科目群、現代経営の諸課題を取り上げた事例研究を含むセミナー科目群の学修、実践的な課題研究報告書の作成等、より実学的な教育課程として多角的に経営手法を学びます。「研究者養成コース」では、現代経営に関する専門分野の学修と修士論文の作成等によって、研究能力の向上を図ります。

前期課程の指導教員・担当科目はこちら

Get Acrobat Reader

PDF形式のファイルが閲覧できない方はAdobe Readerをダウンロードしてください。