博士前期課程 現代ビジネス専攻
研究科概要(ビジネス・会計分野)

経済・ビジネス研究科

現代ビジネス専攻「ビジネス・会計分野」の概要

現代ビジネスでは、ビジネス活動に関して、コマースの観点から分析し、ビジネス活動の高度化と体系化に資する能力や、現代の企画経営の根幹をなす会計業務に関して、高度な専門知識の習得が求められています。

現代ビジネス専攻「ビジネス・会計分野」の「ビジネス」では、市場ニーズの分析に基づき、ビジネスにおける競争優位の実現を担うビジネスパーソン、マーケティング等の特定分野に従事する専門職業人、先端的ビジネスに関する商学分野研究職等の養成を目標とします。

「会計」では、実務能力の向上と理論の進化を図り、会計業務に通じたビジネスパーソンの養成、社会人に対する会計業務の再教育とレベルアップ、将来会計学を探求する研究職の養成及び税理士等の資格取得支援等を目標とします。これらによって本分野では「修士(商学)」の学位の取得を目指します。

現代ビジネス専攻「ビジネス・会計分野」の研究教育分野

「ビジネス」には、マーケティング、広告、観光学科目を、「会計」には、財務会計・管理会計・原価管理、さらに会計情報システム等のITを利用して会計情報を分析する科目を設置しています。

「専修コース」では、専門職業人として、幅広い知識を得るための研究科目群、実践的な能力を養う事例研究を含むセミナー科目群の学修、問題解決能力を養う課題研究報告書の作成等、より実践的な教育課程として、多面的にビジネス手法を学びます。

「研究者養成コース」では、ビジネス・会計に関する専門分野の学修と修士論文の作成等によって、研究能力の向上を図ります。

前期課程の指導教員・担当科目はこちら

Get Acrobat Reader

PDF形式のファイルが閲覧できない方はAdobe Readerをダウンロードしてください。