保健室

学生生活

保健室のご案内

ケガをしたり、気分が悪くなったり、身体に異常を感じたりした場合は、保健室を訪ねてください。相談の内容に応じて、応急処置や医療機関の紹介、生活上のアドバイスなど、健康に関する適切な支援を提供しています。看護職員が常駐しています。

開室時間

月曜日〜金曜日:9時〜19時
(土曜日・日祝日は休み)

村谷博美教授(医師)
村谷博美教授(医師)

村谷博美教授(医師)

月曜
(3限)
前期 火曜
(4限)
後期 火曜
(3限)
水曜
(3限)
木曜
(3限)
金曜
(3限)

健康相談

学校医による診察、相談を実施しています。

疾病の治療は、近隣の医療機関への紹介を原則としますが、小さな傷の手当てや1回分の投薬を行うこともあります。*心のなやみについての相談は、学生相談室のカウンセラーが担当しますが、医療の助けが必要な場合は、学校医から適切な医療機関に紹介することも行っています。

定期健康診断

本学では、毎年3月末から4月初めにかけて、定期健康診断を実施しています。学校保健安全法で定められた項目にとどまらず、皆さんの健康維持に大切だと思われる検査を加えています。ぜひ、毎年受診するようにしてください。教職課程をとっている人が、介護等体験実習に行くときは、健康診断の成績を記した証明書が必要です。

特殊健康診断(電離放射線)

X線管理区域で各種装置を使用する学生は、半年に1回、定期的な受診(血液や目の検査、問診など)が必要です。

健康診断の成績に基づいた保健指導

定期健康診断は、外部の健診機関に業務を委託して行いますが、そこで何らかの所見が見出された学生については、保健室で学校医の診察や指導を受けてもらうことになります。二次検査や治療のため外部の医療機関に紹介することもあります。本学の生活を滞りなくおくるというだけでなく、将来の健康維持のためにも必要なことですから、連絡を受けた場合は、すみやかに保健室を訪ねてください。
(TEL:092-673-5119)