科学研究費助成事業

研究・産学連携

科学研究費助成事業(科学研究費)とは?

科学研究費助成事業(科学研究費)は、研究者から応募された研究計画について厳正な審査を経て採択を決定し、研究費を助成するもので、政府全体の「競争的資金」の6割以上を占めるわが国最大規模の競争的資金制度です。文部科学省およびその外郭団体である独立行政法人日本学術振興会により、公募・審査・交付が行われています。

対象分野は人文・社会科学から自然科学まですべてにわたり、基礎から応用までのあらゆる「学術研究」を格段に発展させることを目的とする、唯一の「競争的資金」です。また、専門分野の近い複数の研究者による審査(ピア・レビュー)が行われます。

研究活動には、「研究者が比較的自由に行うもの」、「あらかじめ重点的に取り組む分野や目標を定めてプロジェクトとして行われるもの」、「具体的な製品開発に結びつけるためのもの」など、さまざまな形態があります。こうしたすべての研究活動の始まりは、研究者の自由な発想に基づいて行われる「学術研究」にあります。科研費はすべての研究活動の基盤となる「学術研究」を幅広く支えることにより、科学の発展の種をまき芽を育てる上で、大きな役割を有しているといえます。

我が国の科学技術・学術振興方策における「科学研究費助成事業(科学研究費)」の位置付け

資金の性格/研究の性格 研究者の自由な発想に基づく
研究(学術研究)
【curiosity-driven research】
政策課題対応型研究開発
【mission-oriented research】
競争的資金等(公募・審査による課題選定) 科学研究費による研究の推進 府省がそれぞれ定める目的のための公募型研究の実施
運営費交付金等 大学・大学共同利用機関等における研究の推進 政府主導の国家プロジェクトの実施
研究開発法人等における戦略的な研究開発の推進

科学研究費の研究種目

研究内容や規模に応じて、研究種目が設定されています。

科学研究費のスケジュール

科学研究費 採択状況

「e-Rad」及び「科研費電子申請システム」について

はじめに

e-Radとは、府省共通研究開発管理システムの略称で、Research and Development(科学技術のための研究開発)の頭文に、Electronic(電子)の頭文字を冠したものです。このe-Radで対象となる研究費は、競争的資金のすべてとプロジェクト研究資金と呼ばれる研究資金の一部です。

科学研究費の場合、平成22年度分よりe-Radとの連携を強化した「科研費電子申請システム」を運用しており、電子申請を行っている研究種目については、課題の応募・交付申請・成果報告等をそのシステム上で行っています。e-Radで取得した各研究者のIDとパスワードは、そのまま科研費電子申請システムで利用することができます。

研究者番号発行

システムの利用にあたっては、事前に研究者として登録する必要があり、その手続きは所属研究機関の事務担当者が行っています。一度登録された研究者番号(8桁の数字)は、所属研究機関が変更になってもそのまま使うことができます。本学では、教員として採用された際に、産学連携支援室の担当者が「研究者登録」或いは「転入手続き」を行い、本学の研究者としての登録を行います。また、本学から転出する場合には、転出先の研究機関に必要な情報を連絡するとともに、e-Rad上で「転出手続き」を行います。

初めて本学での研究者登録を行った場合、初回ログイン手続きをe-Rad上で行っていただく必要があります。事務担当者が所定の手続きを完了後、e-Radと本学事務担当者から、計2通のメールが教員の登録メールアドレス宛に届きます。そこに記載されている情報を使って、研究者自らe-Rad上で初回ログイン手続きを行ってください。

【 初回ログイン手続き 】

① 本学事務担当者(産学連携支援室)からのメール
 :初回ログイン認証コード●●●●●●●●
② e-Radからのメール
 :【ログインID】▲▲▲▲▲▲▲▲
 :【パスワード】初回ログイン認証コード■■■■■■■■
上記①、②の情報を組み合わせて、
 【ログインID】▲▲▲▲▲▲▲▲
 【パスワード】●●●●●●●●■■■■■■■■
とし、この【ログインID】と【パスワード】にて、初回ログインをe-Radから実施する。

なお、初回ログインの際、「秘密の質問と答え」を設定することで、IDやパスワードを研究者が忘れた場合でも調べることができるようになりました。パスワードは事務担当者には判りませんのでご注意ください。

(注)IDとパスワードを忘れた場合は、e-Rad ログイン画面下の「ログインID・パスワードを忘れた方はこちら」をクリックすると秘密の質問に答えることで、IDの再通知、パスワードの再発行を行いことができます。それでも解決しない場合は、本学事務担当者(産学連携支援室)によってログイン情報をリセットし、再度、上記の【初回ログイン手続き】を実施する必要があります。

科研費電子申請システム上での手続き

科研費電子申請システムへのログインは、日本学術振興会の以下のページから行ってください。IDとパスワードは、e-Rad のものと同一です。
【日本学術振興会】科研費電子申請システム 研究者ログイン画面
ログイン後に表示される「応募者向けメニュー」は下記のような構成になっています。行いたい手続きに従って、項目を選んでください。
・応募手続き・交付申請手続きに関するお知らせ
(※日本学術振興会からのおしらせなどが表示されています)
・応募手続き (※科学研究費に応募する場合に使います)
→応募を開始する
(または)→作成中の調書を修正する
・審査結果開示 (※不採択となった場合に審査結果を閲覧できます)
→ 審査結果を閲覧する
・交付内定時の手続き (※交付申請等の際に使います)
→ 交付内定時の手続きを行う
・交付決定後の手続き (※前倒し申請等、交付決定後の手続きに使います)
→ 交付決定後の手続きを行う
科研費電子申請システム操作についての詳細なマニュアルは、下記のHPで確認することができますので、ご参照ください。
【科研費電子申請システム】 研究者の方向け情報
上記URL画面の左側メニュー「各種書類のダウンロード」の中にあります。

科学研究費の研究種目

研究内容や規模に応じて、研究種目が設定されています。

Get Acrobat Reader

PDF形式のファイルが閲覧できない方はAdobe Readerをダウンロードしてください。