産学連携のご案内

研究・産学連携

企業をはじめとする学外からは、大学は敷居が高い、研究協力をお願いするにしてもどのような制度があるのか分らない、相談窓口が分らないなどの声が寄せられています。また、学内外を問わず、共同研究と受託研究の相違点、特許活用方法等産学連携の具体的な方法についても、様々な相談が多く寄せられています。

本学では、これらの疑問や相談に応えるとともに、産学連携を積極的に推進するため、「学術研究推進機構」を設置し、産業界・官公庁・地域社会および教育研究機関との連携のもと、学術基盤研究の推進に関する事項は勿論のこと、研究資金導入や技術シーズの提供等、産学連携に関するあらゆる事業を積極的に推進しています。

お問い合わせ

九州産業大学 学術研究推進機構 産学連携支援室

〒813-8503
福岡県福岡市東区松香台2-3-1

TEL:092-673-5501(内線5501)

FAX:092-673-5490

MAIL:sangaku@ml.kyusan-u.ac.jp

産学連携の制度

共同研究

共同研究とは、本学が、学外機関から研究員及び研究経費等を受入れて、本学の専任教員が研究代表者又は共同研究者となって、当該学外機関の共同研究者と共通の課題について、共同して研究を行うものです。

受託研究

受託研究とは、本学が官公庁・教育研究機関・各種団体その他の者から委託を受け、業務として行う研究(調査・試験・検定・試作及び製作を含む)であり、これに要する経費を委託しようとする者が負担し、その成果物を委託者に提供するものです。

奨学寄附金

奨学寄附金とは、本学における学術研究や教育の充実・発展を目的として、官公庁、企業、教育研究機関等及び個人から本学の専任教員又は部所等を指名して寄附される寄附金のことをいいます。

Get Acrobat Reader

PDF形式のファイルが閲覧できない方はAdobe Readerをダウンロードしてください。