旦過市場火災の復興支援「タンガチャリティ!」を実施しています

 10月24日(月)から、芸術学部ソーシャルデザイン学科伊藤敬生教授研究室が、2022年4月と8月に火災にあった旦過市場(北九州市小倉北区)の復興を支援しようと、北九州市のデザイナー岡崎友則氏と共同でチャリティー活動を行っています。

 通称「ガチャガチャ」の自動販売機を同市場内に設置し売り上げの一部を市場に寄付する活動で、ガチャガチャの中身は、岡崎氏のほか、同市出身の俳優リリー・フランキー氏や同市在住の国際的なイラストレーター黒田征太郎氏など北九州市ゆかりの作家6人が旦過市場への思いをデザインした直径44mmのオリジナル缶バッジ2個です。岡崎氏デザインの「旦過市場のロゴ」やリリー氏の絵本作品「おでんくん」などを組み合わせた7種類のカプセルが販売されています。

 伊藤教授は【写真右】、「元気に営業を続けている商店街に足を運んでもらい、お買い物後のおつりでガチャガチャを引いてもらえたらうれしいです」と語ります。

 木曜日を除く午前11時から午後5時の間に、同市場内の「べニーズコーヒー」にて、500円で販売中です。ぜひお立ち寄りください。

【芸術学部】

芸術学部のトップページへ