「景観セミナー2022(前期)」で文化と風景とグリーンインフラを学ぶ

 景観研究センターで、「景観セミナー/レクチャーシリーズ2022(前期)」を開催します。

 今期のテーマは、「文化と風景とグリーンインフラ」。治水機能と環境機能を両立させた多自然川づくりや、雨水を一時的に貯留し地中に浸透させる雨庭のデザイン、戸建て住宅の雨水管理など、さまざまなグリーンインフラの事例を通して、文化・風景としてのグリーンインフラの在り方を考えます。

 ぜひ、ご参加ください。

 
 ※詳しくはコチラ

 

 

<「景観セミナー/レクチャーシリーズ2022(前期)」>
 ①第1回
  日 時:2022年6月3日(金) 18時00分~19時30分(オープン 17時45分〜)
  演 題:「流域治水とグリーンインフラ-多自然川づくりを超えて」
  講 師:佐藤 辰郎准教授(本学 建築都市工学部都市デザイン工学科
  ※お申し込みはコチラ
 
 ②第2回
  日 時:2022年6月17日(金) 18時00分~19時30分(オープン 17時45分〜)
  演 題:「京の庭づくりと雨庭の可能性」
  講 師:和田 貴子氏(植彌加藤造園株式会社 自然文化サービス部 マネージャー)
  ※お申し込みはコチラ

 ③第3回
  日 時:2022年7月15日(金) 18時00分~19時30分(オープン 17時45分〜)
  演 題:「流域治水を実現する雨水活用住宅の未来」
  講 師:渡辺 亮一教授(福岡大学工学部社会デザイン工学科 流域システム研究室)
  ※お申し込みはコチラ

  場 所:対面/景観研究センター 景観ライブラリー(23号館4階)
       オンライン/Zoomミーティング
  参加費:無料
  お問い合わせ先:産学連携支援室  TEL 092-673-5501 

 

イベント一覧ページへ