川村 真緒

川村 真緒

伝統工芸品「博多曲物」を現代風にデザイン

川村 真緒
  • 芸術学部生活環境デザイン学科4年 ※2021年度現在
  • (出身:沖縄県・浦添工業高校)

どうして九産大に入学したの?

 子どもの頃からデザインに興味があり、人々の暮らしや生活の一部となるプロダクトデザインを学びたいと思い、進学を決めました。

大学ではどんなものをデザインしているの?

 「博多曲物」のおにぎりケースや食パンケースなどをデザインし、職人の方の高い技術によって新感覚の伝統工芸品を完成させました。また、「G20財務大臣・中央銀行総裁会議」に合わせて制作した博多人形の「お福さん」には、デザインに参加国の国旗や民族衣装を取り入れました。伝統文化を学ぶとともに、学生視点で新たに発信できるのが魅力です。

九産大で学んでみて、どう?

 九産大には、企業とコラボレーションして新商品開発を行うプロジェクトが数多くあり、デザイナーとしてのスキルを身に付けられる環境が整っています。この環境でさらなる技術向上に励みたいです。