江口 華

江口 華

文理芸の専門を生かした学生チームを目指す!

江口 華
  • 商学部経営・流通学科4年 ※2021年度取材
  • (出身:福岡県・宗像高校)

「farm3.0」の活動って?

 商学部を中心とした学生チームで、自分たちが育てた作物を加工して商品を流通させる“6次産業”に取り組んでいます。

 主力商品は、福岡市東区のアイランドシティの畑で育てたたまねぎを使って生産した「たまねぎドレッシング」です。博多湾に大量発生して問題となっているアオサを回収し、堆肥として利用しており、無添加・無農薬の安心・安全な商品です。

参加した感想は?

 昨年は新型コロナウイルス感染拡大で思うような活動ができず、メンバーも一気に3人まで減り、約10年続いた活動の存続が危ぶまれた時期もありました。しかし、卒業した先輩や先生に支えられながら、同じ志で取り組むメンバーが一致団結して活動を進め、今ではメンバーも大幅に増えました。

 今年も完成を待ってくれた消費者の方々に商品を紹介でき、先輩の思いを受け継ぐことができたことにホッとしています。活動を通して、消費者や連携するNPO法人循環生活研究所の担当者、先輩や後輩とのつながりを強く感じる毎日です。

今後の目標は?

 九産大には文系、理工系、芸術系の学部があるので、学生の専門が幅広く、それぞれの挑戦を応援してくれる環境があります。卒業までに、「farm3.0」を文理芸が融合した学生の専門性を生かせるチームにし、総合大学ならではの取り組みに進化させていくことが今の目標です。