台湾の風景にふれる「景観セミナー2021(前期)」を開催

 景観研究センターでは、「景観セミナー/レクチャーシリーズ2021(前期)」をオンラインで開催します。

 今回のテーマは、「いま、台湾の風景にふれる」。新型コロナウイルス感染拡大が続き往来が制限されている状況において、海外の視点から私たちの行動様式やグローバル化の課題を見つめ直そうとするものです。

 台湾と日本を行き来する渡り鳥の生息など、台湾の風景の大切さを通して、台湾在住の日本人研究者とともに新しい生活様式を創造する手掛かりを考えます。

 ぜひ、ご参加ください。

 
 ※詳しくはコチラ

 

 

<「景観セミナー/レクチャーシリーズ2021(前期)」>
 ①第1回
  日 時:2021年6月11日(金) 18時00分~19時30分
  演 題:「台湾の風景~境界を超えて」
  講 師:仲間 浩一氏(台南應用科技大學 設計学院 室内設計系 専技副教授)
       ※お申し込みはコチラ

 ②第2回
  日 時:2021年7月2日(金) 18時00分~19時30分
  演 題:「クロツラヘラサギがつなぐ湿地の風景」
  講 師:高久 ゆう氏(Team SPOON 副代表、東京工業大学 環境・社会理工学院 建築系 都市・環境学コース博士課程)
       ※お申し込みはコチラ

 ③第3回
  講 師:2021年7月23日(金) 18時00分~19時30分
  演 題:「台南の風景にみる日本」
  講 師:梶原 宏之氏(台南應用科技大學 観光学部 養生休閒管理学科 助理教授)
       ※お申し込みはコチラ

  会 場:Zoomミーティング
  参加費:無料
  お問い合わせ先:産学連携支援室  TEL 092-673-5501 

イベント一覧ページへ