夏季休業前に「防犯キャンペーン」で自己防衛を呼び掛け

 

 7月20日(水)、学友会執行部が福岡県警察東警察署と共同して「事件事故防止キャンペーン」を実施し、正門と北門でオリジナルの啓発チラシなどを配布しました。

 8月3日(水)からの夏季休業を前に注意喚起を呼び掛ける目的で、同日の昼には、女子学生を対象とした同県警による「防犯講習会」も開催。県内での性犯罪発生状況が紹介され、被害を回避するための生活上の注意や緊急時の回避方法について学びました。

 講師で生活安全部の西賴絵利香警部は「毎日福岡県内のどこかで性犯罪が発生しています。無関心な人はいても無関係な人はいません。みんなで性犯罪は許さないという気運を高めましょう」と参加者に呼びかけました。

 「防犯講習会」の動画は、ポータルサイトにて女子学生に配信しました。

【学生部】

キャンパスライフのトップページへ