都市基盤デザイン工学科

都市デザイン工学科

都市デザイン工学科とは

実務を重視した教育で、生活に密着した分野を学ぶ。

都市基盤デザイン工学科

土木工学における基礎知識を学んだ上で、「土木デザイン」、「都市防災」、「まちづくり」、「環境緑化」の4分野を軸に実践的能力を身につけ、安心・安全で美しく、自然に配慮した都市を建設する能力を有する技術者を育成します。さらに、都市防災に関する内容や科目の充実と都市防災専門の教員の配置で、ハード面・ソフト面から都市防災を学べるカリキュラムを設定しています。

都市デザイン工学科で学ぶ理由

  • 住みよい都市を建設する技術者を育成
  • 専門分野をいかせる業種への高い就職率
  • 大規模災害に備えた都市防災教育の充実

資格・進路・主な就職先(参考)※旧学科の実績

目指せる資格
  • 技術士(一次試験免除)
    施工管理技士(2級の学科試験は在学時に受験可能)
    環境再生医(登録申請)
    司書
    学芸員
    測量士補(登録申請)
    ビオトープ管理士(一部試験免除)
    高等学校教諭一種免許状(工業)
    二級建築士(受験資格)  など
業種別就職状況
  • 建設業 58%
    学術研究、専門・技術サービス業 23%
    公務員 7%
    不動産・物品賃貸業 4%
    その他サービス業 4%
    卸売・小売業 2%
    宿泊・飲食サービス業 2%
主な就職先 大林道路(株)/鹿島道路(株)/九鉄工業(株)/鉄建建設(株)/飛島建設(株)/前田道路(株)/松尾建設(株)/(株)佐藤渡辺/(株)NIPPO/(株)西鉄グリーン土木/(株)富士ピー・エス/日鉄住金テックスエンジ(株)/三井共同建設コンサルタント(株)/国土交通省 九州地方整備局/熊本県庁

ページの先頭へ

入試情報はこちら

資料請求はこちら

学生紹介ページへ

Facebookをチェック

K,s life