学部・大学院

建築都市工学部

西日本初。
建築、住宅・インテリア、都市・土木を総合的に学ぶ学部が誕生。

育成する人材像

地域の産業界に貢献できる人材

建築都市工学部は、「産学一如」の建学の理想のもとに、国土から住まいまで連続する空間のあり方を追求する広い視野を持ち、多様な社会ニーズに応えることのできる実践的能力を有した人材の養成をめざします。

学びの特長 ①

学科連携による資格取得教育の充実

建築士資格は、3学科の学生全員が目標に出来る国家資格です。学科間で教員が相互に協力し、充実した資格取得教育を実現します。その他、各学科の専門性をいかした資格取得をサポートします。技術士、宅地建物取引士、インテリアプランナー、環境再生医、ビオトープ施工管理士、施工管理技士など。

学びの特長 ②

地域貢献プロジェクト型教育の推進

まちづくり、空き家問題の解決、マンション空室のリノベーション、新しい家具・インテリアの開発、福祉住環境の改善など、実社会にある課題を積極的に学部で取り込み、学科の枠を超えて、教員、学生がプロジェクトグループを結成し、実践的に学びます。

写真/

建築総合コース

「計画・歴史系」「環境・設備系」「構造・生産系」の3分野の専門的な知識や考え方を総合し、住宅をはじめ、文化施設、高層ビル、建築遺産、街、地域、都市環境まで幅広く学びます。

住居・インテリア学科

写真/

インテリアに強い住宅作家、オフィスやショップの空間設計者、建築家など、住宅・インテリアの専門家養成をめざし、基礎から製図・CAD、デザインコンペや卒業設計を経験します。

都市デザイン工学科

写真/

都市デザイン工学応用コース

「建築物」「アーバンデザイン分野」「ガーデニング」「緑化」「生態系分野」「都市基盤施設分野」を柱とし、風景デザイン・住みよい街づくり・都市の緑化に関する専門知識を幅広く学修します。

ページの先頭へ

入試情報はこちら

資料請求はこちら

学生紹介ページへ

Facebookをチェック

K,s life