学部・大学院

芸術学部

社会に役立つアート、生活を彩るデザイン、
無から有を生み出す“芸術力”を伸ばす。

芸術学部が求める学生像

芸術の分野で創造的活動を行う人材の育成と、人間性豊かで国際的視野を持った人材を育成するために、次のような学生を求めます。
① 芸術分野に興味があり、創作意欲のある人
② 好奇心を持ち、何事にも積極的に取り組む人
③ 客観的な視点で物事を判断でき、自己を発信できる人
④ 将来アーティストやデザイナー、写真家などのクリエイターや研究者・教育者をめざしている人

芸術学部の学びの特長

社会と文化の創造に貢献できる人材を養成するために、芸術の各分野における理論と技能を兼ね備え、高い知性と豊かな感性を持つ専門能力の習得をめざして、具体的には“芸術に関する基盤的な知識”をいかす「論理的思考力」、「表現力」、「コミュニケーション力」、「感性力」、「実践力」の5つの能力を実践型の授業で習得します。そのため、学部においては教養科目、外国語科目、キャリア科目、専門科目から成る体系的な教育科目を構成し、新しい時代の要請に応え、地域と人類社会の発展に寄与する有能な人材の育成をめざします。

芸術学部が育成する人材像

理論と実践を兼ね備えた社会で活躍できるアーティスト、デザイナー、写真家などの育成をめざしています。

写真/

絵画専攻/立体造形専攻/メディア芸術専攻

地域社会およびグローバル社会の芸術文化の創造に貢献するため、独創的な造形力や審美力を基に、伝統的な表現手法や先端的な表現手法を学びます。

写真・映像メディア学科

写真/

写真専攻/映像メディア専攻

多様化する社会に貢献するため、豊かな想像力と行動力を基に、最新の撮影技術や処理技術を用いて、さまざまな撮影現場への対応と作品表現を通して社会へ発信できる写真・映像メディア分野の専門家を養成します。

ビジュアルデザイン学科

写真/

グラフィックデザイン専攻/イラストレーションデザイン専攻

社会の多様なビジュアルコミュニケーションに対応するため、グローバルな視野に立った編集力や伝達力を基に、アナログやデジタル表現技術を用いて、社会へ貢献できるビジュアルデザイン分野の専門家を育成します。

生活環境デザイン学科

写真/

工芸デザイン専攻/プロダクトデザイン専攻/
空間演出デザイン専攻

人間が生活を営む環境をより良くするため、バランスのとれた構成力や造形力を基に、伝統的・先端的な表現技術を用いて、豊かな生活に貢献できる生活環境デザイン分野の専門家を育成します。

ソーシャルデザイン学科

写真/

情報デザイン専攻/地域ブランド企画専攻

豊かな社会の発展に寄与するため、デザインの持つ情報発信力を基に、IT技術や企画技術を用いて、地域や地域産業と積極的に連携していく総合的なデザイナーを育成します。

ページの先頭へ