商学部第一部

商学部第一部

福岡に位置する地理的・歴史的環境を最大限にいかし、
ビジネスや観光を学びます。

商学部第一部が求める学生像

アジアに開かれた九州・福岡は、ビジネスと観光に関する幅広いテーマに取り組むにはベストといえる立地です。
「公認会計士の資格をめざす」「旅行会社でツアーを企画したい」など、すでに将来の自分をイメージできている人はもちろん、「打ち込める目標を見つけたい」「自分を変えたい」…と、何かしら向上心を持てる人なら、間違いなくチャンスをつかめます。学内外に広がる出会いの中にも、あなたを成長させるチャンスがきっと待っています。

商学部第一部の学びの特長

「快活で行動力のあるビジネスリーダーの育成」をめざして、実践を通じて理論を体得する“実感先行型”のカリキュラムを確立しています。
芸術学部とのコラボで柳川市や筑後市のまちづくりに貢献した事例、有田の窯元が開発した陶器製万年筆の拡販サポート、五島・小値賀島の定住人口増加支援策など、例をあげればキリがありません。
社会との接点で学生自ら捉えた問題意識に、どう向き合うか。そこから、実り多き学びがスタートします。

商学部第一部が育成する人材像

福岡はアジアにおけるグロ-バルなビジネスと観光の一大拠点です。とはいえ国際化の恩恵はまだ一部の流通業にとどまっているのが実状です。逆に言えば、まだまだ大きく広がる可能性を秘めているということです。目を九州に転じれば、どの地域も新たな活性化策を待ち焦がれています。
理論と実践の両面から学びを深め、また資格取得や海外を含めさまざまなインターンシップにも積極的に挑んだ卒業生たちが力を発揮できる舞台は年を追って広がっています。

第一部 商学科

商業の基礎を学んだ後、4つの履修モデル(流通ビジネス/企業マネジメント/会計ファイナンス/総合・公務)に沿って、「マーケットとビジネス」「企業と消費者」を多面的に学びます。

第一部 観光産業学科

第一部 観光産業学科

学生の関心や将来の進路に合わせて、2つの履修モデル(観光ホスピタリティ・ビジネス/ツーリズム・マネジメント)を用意。1年次からこの履修モデルを参考に、観光学を学びます。

ページの先頭へ

入試情報はこちら

資料請求はこちら

学生紹介ページへ

Facebookをチェック

K,s life