学部・大学院

経済学部

私たちの生活のすべてに関わる幅広い学問、「経済学」。
将来を見据え、就きたい職業をめざし、系統的に学んでいけるのが
経済学部の強みです。

育成する人材像

現場主義の学びで実践力を体得

経済学の最大の特徴は、きわめて幅広い学問だということです。経済理論のみならず、思想、歴史や政策、金融・財政、社会保障など幅広く学ぶことができます。卒業後にめざすことができる職業もまた大変に幅広いので、本学経済学部では、学生一人ひとりが思い描く将来像に合わせ、目標に向かって学べるシステム(トラック制)を新たに整えました。卒業後の自分の将来像を見据えつつ積極的に学び、地域社会や組織などのさまざまな人間関係の中で、自らの役割と課題を発見して主体的に取り組んでいける人物の養成をめざしています。

学びの特長①

卒業後の進路を意識したカリキュラム

他の多くの大学で作られている履修モデルとは違い、本学経済学部の「トラック制」は卒業後の進路を意識して作られているのが最大の特徴です。入学後、1年間かけて自分の進路を考え、2年生になる直前にトラックを選びます。学生は、自分の将来の進路やその後の業務内容を意識して各自の履修科目を選択し、学んでいくことができます。

学びの特長②

新入生への徹底したフォロー体制

新入生は、入学後まず「基礎ゼミナール(基礎ゼミ)」に10数人ごとに所属することになります。基礎ゼミは、専任教員がクラス担任として指導にあたる少人数制指導の場で、大学での学び方、考え方の基本を身につけます。基礎ゼミには、選抜された優秀な上級生たちがLA(ラーニング・アシスタント)として配属されます。新入生は、履修登録のしかた、授業の受け方、サークルに関する情報など、新入生が大学生活に慣れるために不可欠な事項をLAから教わるなど、さまざまなサポートを受けることができます。

経済学科 昼間主コース

写真/

経済学の基礎から応用・実践までを系統的に学ぶカリキュラムを編成し、5つの分野から興味のあるものを専門的に学ぶことができます。昼間主・夜間主の両コースともカリキュラムは同じで、いずれのコースも他のコースの講義を62単位まで履修可能です。

経済学科 夜間主コース

写真/

経済学の基礎から応用・実践までを系統的に学ぶカリキュラムを編成し、5つの分野から興味のあるものを専門的に学ぶことができます。昼間主・夜間主の両コースともカリキュラムは同じで、いずれのコースも他のコースの講義を62単位まで履修可能です。

ページの先頭へ

入試情報はこちら

資料請求はこちら

学生紹介ページへ

Facebookをチェック

K,s life