機械工学科

機械工学科

機械工学科とは

機械工学科

生活を支え、産業の発展に貢献する「機械」。社会のあらゆる分野で活躍しています。本学科では、機械設計に必要な「機械工学」の基礎を身につけ、産業の各分野で活躍できる実践的な機械技術者を育成します。そのため、機械設計に求められる強度、振動、熱、流れなどに関する知識と、設計した機械を作るための図面の描き方と加工の方法についても学びます。
本学科では、実践型の技術者を養成し、産業界の期待に応えます。毎年高い就職率を誇っており、優秀な人材を数多く産業界に輩出しています。

機械工学科で学ぶ理由

丁寧な基礎教育と少人数クラス授業

機械やロボットを作るためには、数学・物理・情報・機械・電気の知識を身につけるとともに、これらを結びつけ、さらに応用する能力が必要となります。そのためには、少人数クラスによる丁寧な教育が必要だと考えています。

3年次より3つのコースに分かれ、より専門性を高めた教育を展開

機械工学の流れをくむ「機械コース」に加え、新たにロボット・メカトロニクス系の「ロボットコース」、ものづくりを実感できる「生産技術コース」を設置しています。生産技術コースでは、CAD、工作法、品質管理などの生産技術を修得し、現場で役立つフィールドエンジニアを目指した教育を実施します。さらに、「機械コース」・「ロボットコース」では、情報メカトロニクス関連の設計・開発・研究職を目指した先端的な教育を実施します。

実験・実習を重視した実践的教育

機械工作実習工場などに設置されたマシニングセンター、3次元形状測定機、エンジン、3Dプリンター、ロボットなどの最新設備やコンピュータを活用して数々の実験・実習や卒業研究に取り組みます。機械工学科は全てのコースで、応用力、実行力、コミュニケーション力を身につけられる実践的な教育(アクティブ・ラーニング)に力を入れています。

資格・進路・主な就職先(参考)※旧学科の実績

取得可能資格
  • 高等学校教諭一種(工業)
    ボイラー・タービン主任技術者(要実務経験)
    技術士(一次試験免除)
    機械設計技術者
    C AD利用技術者 
    ITパスポート 
    司書
    学芸員 
    社会教育主事 など
めざす職種

卒業後は鉄鋼、自動車、機械、電機、化学プラント、建設など活躍の場は多彩です。今後は環境や情報・通信、医療・福祉などの分野も就職先として期待されます。より高い水準での教育・研究を求める人には、本学大学院の工学研究科へ進むという可能性も拓かれています。

業種別就職状況
  • 建設業(30%)
    製造業(19%)
    その他サービス業(19%)
    専門・技術サービス業(13%)
    運輸・郵便業(5%)
    公務員(4%)
    卸売・小売業(4%)
    教育・学習支援業(2%)
    不動産・物品賃貸業(2%)
    情報通信業(2%)
主な就職先
(3ヵ年実績)
新日鐵住金(株)/ SMC(株)/JFEスチール(株)/(株)九電工/(株)神戸製鋼所/(株)きんでん/(株)岡村製作所/アマノ(株)/九州旅客鉄道(株)/長崎船舶装備(株)/(株)山九/五洋建設(株)/東芝プラントシステム(株)/大和冷機工業(株)/日本ピストンリング(株)/日本電設工業(株)/八代市役所/粕屋町役場/海上保安庁

ページの先頭へ

入試情報はこちら

資料請求はこちら

学生紹介ページへ

Facebookをチェック

K,s life