建築学科

建築学科とは

建築学科

建築学の対象は、住宅をはじめ文化施設、高層ビル、建築遺産、街、地域、都市環境にまでおよびます。このような幅広い対象に対して、安全性や耐久性などを学ぶ「構造・生産系」、空間の快適性や省エネなどを学ぶ「環境・設備系」、デザインや空間の機能性を学ぶ「計画・歴史系」の3つの専門的視点からアプローチします。
4年間を通して、3つの専門分野の考え方や相互の関係を学び、それらを総合して建築設計を学修します。
住宅から都市環境まで建築業界で活躍できる人材を育成します。

建築学科で学ぶ理由

経験豊富な講師陣による充実した専門教育

建築学科では、幅広い専門分野で活躍できる人材の育成を目的に、講師として、経験豊富な本学科の教員をはじめ、他大学や建築業界の第一線で活躍する技術者が教育を行っています。さらに、製図などの実習科目によっては、学生一人ひとりの個性を伸ばすことを目的に、少人数制指導による充実した教育体制を取り入れています。

実践型の教育カリキュラム

建築学に関する幅広い高度な専門知識を実務に適用し得る建築技術者の養成のために実習、演習、実験の科目を数多く設けています。また、1年次から4年次まで一貫して少人数制の科目を配置することで行き届いた教育指導に取り組んでいます。

視野の広い教育

学生の視野を広げることを目的に、建築学科では、実践教育に重点を置き、在学中から地域や国内外の他大学との交流ならびに研究成果の発信を通して、専門的な技術に関わる知識と課題解決に向けた創造的能力を育成します。また、設計競技への応募や研究グループ活動などの自主的な活動を積極的に支援しています。

資格・進路・主な就職先(参考)※旧学科の実績

取得可能資格
  • 一級建築士(要実務経験2年)
    建築施工管理技士(1・2級要実務経験)
    技術士(一次試験免除)
    二級建築士(受験資格)
    コンクリート技士・主任技士(要実務経験)
    高等学校教諭一種(工業)
    建築設備士(要実務経験) など
めざす職種

建築学の幅広い専門的知識や技術・技能をいかして多くの卒業生が、建設会社、住宅メーカー、建築設計事務所、建築設備、リフォーム、インテリア、不動産、各種公務員などの分野で活躍しています。より高い水準の教育・研究をめざす人には、本学ならびに他大学大学院への進学という道もあります。平成27年度実績(九州大学大学院、佐賀大学大学院、北九州市立大学大学院)

業種別就職状況
  • 建設業(68%)
    専門・技術サービス業(6%)
    不動産・物品賃貸業(6%)
    その他サービス業(6%)
    卸売・小売業(4%)
    複合サービス業(2%)
    医療・福祉業(2%)
    教育・学習支援業(2%)
    情報通信業(2%)
    製造業(2%)

主な就職先
(3ヵ年実績)
(株)九電工/九鉄工業(株)/(株)熊谷組/三井住友建設(株)
/(株)谷川建設/大東建託(株)/(株)安藤・間/サンヨーホー
ムズ(株)/ダイダン(株)/九州旅客鉄道(株)/大和ハウス工業
(株)/(株)穴吹工務店/イケア・ジャパン(株)/日田市役所/
高砂熱学工業(株)/東建コーポレーション(株)

ページの先頭へ

入試情報はこちら

資料請求はこちら

学生紹介ページへ

Facebookをチェック

K,s life