臨床心理学科

臨床心理学科

臨床心理学科とは

心に寄り添い、人々の力になれる人になる。

人間理解と社会理解の一助となる臨床心理学を基本的柱として心理学全般を学修し、心の問題を持つ人を援助する精神保健福祉士や公認心理師といった対人援助専門職を育成。さらに、臨床心理学と精神保健福祉学を幅広く学び、認定心理士(心理調査)資格および社会福祉主事任用資格を取得した心理福祉専門職や、地域で活躍できる人材の育成に力点を置いた教育を展開します。

臨床心理学科で学ぶ理由

  • カウンセリング
  • ソーシャルワーク
  • メンタルヘルスサポート
公認心理師コース
大学院に進学し、公認心理師を目指す学生をサポート。
公認心理師の国家試験の基礎科目を編成し、大学院進学を見据えた教育を展開。授業ではカウンセリングや地域援助など、臨床心理学を幅広く学びます。また、医療や教育分野など、多様な領域における臨床心理専門職の活動を理解し、対人援助の基礎を身につけます。
精神保健福祉士コース
精神保健福祉士の国家資格取得のための教育を実施。
生活の悩みを抱えた精神障害のある人々に対して、仕事や住居、収入、医療など、さまざまな相談援助を行う精神保健福祉士。卒業時に精神保健福祉士の国家資格を取得し、プロとして福祉、司法、医療保健、教育など幅広い各専門機関で活躍する人材を育成します。
臨床心理福祉コース
心理福祉専門職として地域で活躍できるプロを育てる。
心や生活の問題など多様な悩みを抱える人々が暮らす地域の要請に応えるため、臨床心理学と精神保健福祉学・社会福祉学を幅広く学び、卒業時に認定心理士(心理調査)資格および社会福祉主事任用資格を取得し、心理福祉のプロとして地域貢献できる人材を育成します。

資格(参考)

目指せる資格
(予定)
  • 公認心理師(受験資格・要実務経験)
    精神保健福祉士受験資格
    認定心理士
    社会福祉主事任用資格

ページの先頭へ

入試情報はこちら

資料請求はこちら

学生紹介ページへ

Facebookをチェック

K,s life