ソーシャルデザイン学科

ソーシャルデザイン学科

ソーシャルデザイン学科とは

ヒトと社会の未来を、みんなでデザインする。

ソーシャルデザイン学科

豊かな社会の発展に寄与するため、デザインの持つ情報発信力を基に、IT技術や企画技術を用いて、地域や地域産業と積極的に連携していく
総合的なデザイナーを育成します。

情報デザイン専攻

芸術的感性と情報技術で「面白い!」をデザインする

Webをメインフィールドとしたデザイン力と、コンテンツの開発能力、また、視覚と聴覚(画像と音響)に関する専門知識と芸術的感性をあわせ持ち、持続可能でかつ文化的に豊かな社会の実現に貢献する能力を育成します。

地域ブランド企画専攻

地域活性化!デザインでブランドづくり、まちづくり

地域社会は、少子高齢化などにより産業、文化、生活の面で多種多様な課題が出てきています。日常では気づかない課題も多くなっています。将来の地域社会の発展のためにデザインの力(表現力、創造力、統合力)で社会や地域、生活の課題解決とブランドづくりを提案していきます。

ソーシャルデザイン学科で学ぶ理由

社会と連携できるデザイナーを育成します。

地域や社会と連携し、情報、企画、デザインを活用して、未来のヒトの生活や地域の課題解決に取り組んでいきます。情報に関する知識、ブランド構築のための企画力などの能力を修得し、地域文化の創造、地域や企業ブランド構築に貢献できる能力を身につけます。

将来の社会の課題をデザインの力で解決します。

将来の社会全体から見た課題に焦点を当て、各種のデザインによる解決に取り組む活動を行います。例えば少子高齢化をはじめ、環境問題、社会問題、生活問題、地域再生、文化継承などの課題をデザイン視点から発見し、デザインの力(視覚化などの表現力、新しいものを生み出す創造力、各種の要件を調整する統合力)で解決する実践的教育をめざします。

問題発見能力や解決提案能力を身につけます。

芸術に関する基礎力を身につけた上で、情報デザイン、地域ブランド企画についての専門知識と調査・分析手法を学び、ソーシャルデザイン分野の専門家として、必要な問題発見能力と解決提案能力を修得します。そのため、体系的な教育科目を構成し、地域連携の核となるような人材の育成をめざします。

卒業後の進路

情報デザイン専攻
  • Webデザイナー
    IT・映像・出版業界のデザイナー
    一般企業の企画・総合職
     (デザイン・ディレクター)
    研究・教育職 など
地域ブランド
企画専攻

デザインプランナー
文化行政職員
企業や文化施設のプランナー
編集者
美術館・博物館のキュレーター
公務員 など

取得可能資格(参考)

取得可能資格
  • 中学校教諭一種(美術)
    高等学校教諭一種(美術・工芸)
    司書
    学芸員
    社会教育主事 など

ページの先頭へ

入試情報はこちら

資料請求はこちら

学生紹介ページへ

Facebookをチェック

K,s life