写真・映像・メディア学科

写真・映像メディア学科

写真・映像メディア学科とは

写真・映像のスペシャリストをめざす。

芸術表現学科

多様化する社会に貢献するため、豊かな想像力と行動力を基に、最新の撮影技術や処理技術を用いて、さまざまな撮影現場への対応と作品表現を通して社会へ発信できる写真・映像メディア分野の専門家を養成します。

写真専攻

写真を通して表現力と実践力を磨き、
イメージを視覚化するスキルを身につける

写真の撮影技術・処理技術について、実際の撮影現場や処理作業環境でも柔軟に対応できる実践力を、実習形式の授業を通して養成します。感性・感覚教育を基本とし、撮影技術および処理技術を身につけ、さまざまな撮影現場で活躍できる写真のスペシャリストを育成します。

映像メディア専攻

「映像」という世界の共通言語を学び、
次世代の表現者として活躍する

最新の技術にも対応できる高い専門技術と幅広い教養によって、多様化する社会の要求に対応しながら、常に自己を発信できる能力を養成します。コンテンツ制作を通じて想像力・表現力・社会人としての基礎力を備えた映像メディアの表現者を育成します。

写真・映像メディア学科で学ぶ理由

社会で活躍できる即戦力を育てます。

時代の動きに即応した専門性の高いカリキュラムを編成し、幅広い分野で活躍できる実践的アーティストを養成。多様化する今日の企業の要求を素早く感知し、作品を通じて常に自己を発信する能力を身につけます。

アナログからデジタルまで、高い感性と
技術を持つスペシャリストをめざす。

写真専攻では、広告写真や報道写真など印刷出版の応用写真分野を見据え、実習形式の授業を通して、撮影現場や処理作業現場でも柔軟に対応できる知識や技術を身につけます。また映像メディア専攻は、映像、3DCG、アニメーション、音楽作品など最新の技術にも対応できるデジタル映像表現技術を身につけます。また「伝わる作品」に必要となる考え方も修得します。

想像力や行動力を身につけます。

芸術に関する基礎力を身につけた上で、写真、映像メディアについての幅広い専門知識と最新の撮影技術・処理技術を学び、写真・映像メディア分野の専門家として必要な想像力や行動力を身につけます。そのため、幅広い教養と豊かな人間性を養うための基礎教育科目・外国語科目を体系的に履修し、社会で活躍できる高い知識と専門技術を有する芸術系のスペシャリストの育成をめざします。

卒業後の進路

写真専攻
  • 写真家
    コマーシャルフォトグラファー
    報道カメラマン
    ムービーカメラマン
    フォトディレクター
    写真スタジオ
    写真館
    印刷関係 など
映像・メディア専攻

CMディレクター
映画監督
TVディレクター
CGデザイナー
コンテンツ制作者
カメラマン
エディター
シナリオライター など

取得可能資格(参考)

取得可能資格
  • 中学校教諭一種(美術)
    高等学校教諭一種(美術)
    司書
    学芸員
    社会教育主事 など

ページの先頭へ

入試情報はこちら

資料請求はこちら

学生紹介ページへ

Facebookをチェック

K,s life